Entries

ハードトノカバー取り付け

先日アメリカから届いた背の丈以上の大きな荷物。

s_087.jpg

中身はタンドラ クルーマックスのハードトノカバー。

s_082.jpg

トノカバーは新車時でもオプション設定なので中古車でも付いてたり付いてなかったり。

北海道だと雪が降るのでトノカバー付いていたほうが何かと都合が良いのでトノカバーを
希望されるお客様が多いです。

今回もお客様のご希望でトノカバーをオーダー頂きましたので 取り付け作業をご紹介。


まず重さに関しましては さすがハードトノカバーだけあって 2人じゃないと持ち上げられません。

出来ればサポートがもう一人いると作業が楽かと思われます。
(画像に写っていませんが地味にトノカバー下に一人入ってサポートしてます)
s_084.jpg

次は位置出しして取り付け場所を決めますが

s_086.jpg


トノカバーの下側に枠が予め付いてますのである程度の位置が決まりますが ベットライナーの形状に
よってはベットライナーを多少カットしたりとか必要になったりします。

s_088.jpg

トノカバーに付いている枠自体に穴が開いていますのでので ダンパーの位置も決まってます。
車自体に穴あけしたりとかはありませんのでドリルが必要とかもありません。

s_094.jpg

付属のネジやボルト、ステーなどは 簡単な工具があれば取り付けは可能です。

s_097.jpg

s_098.jpg

外すときはこの作業を逆にするだけですね!!

トノカバーのメーカーや付属のベットライナーの形状でも違いますが 慣れてしまえば
作業時間 30分~1時間位でしょうか?

これから付ける予定の人は是非参考に。


トノカバー自体の取り寄せもそうですが ベットライナー付いてない方はベットライナーだけの
取り寄せも可能です。

s_CIMG3697.jpg



スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

プロフィール

BE TRADE

Author:BE TRADE
BE TRADEは札幌の自動車&バイクのセレクトショップ。既存枠にとらわれることなく、自分達がカッコイイと思う自動車、バイク、パーツ類、アパレル商品などをセレクトして販売しています。逆輸入車のタンドラ・タコマ・セコイア・FJクルーザーを中心に国産車、輸入車、レストア車、バイクまで幅広く取り揃えています。併設したメンテナンスファクトリーにてカスタム&メンテナンスにも対応。 あなたの欲しい一台がBE TRADEにあります。 BE TRADE WEB

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる